南十字星の下(本)
アセアン、中国で二十年以上働いているkaznak
が出会った事件、思った事を綴りました。理解の一助になれば幸いです。

南十字星の下(本)

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME海外情報 > 南十字星の下(本)1111 ]

南十字星の下(本)1111

< 南十字星の下(本)1111の記事はココから >

南十字星の下(本)1111

マレーシアの世界は人間不信の世界

マレーシアでは誰一人他人を信用しない世界です。

 

先日、落雷が有りルータが雷で燃えてしまったので電話局を呼んだのですが、来た職員がルータを交換すると言って

新しいルータを設置しました。

工事が終わり、ルータの代金を徴収しましたが、マレーシアではルータの代金は直接ではなく局に電話代金と同じ様に

払わなければならなかった様です。

 

日本では考えられない事ですが、マレーシアではこれが事実です。

 

自社の社員さえ信用していない世界が世界の常識です。

 

こんな世界で生きている人間は他人を信用できるわけが有りません。

 

可哀そうな人達です。

それでも日本の様に他人を信用する世界がどんなにすばらしい世界化は知ってはいるのでしょう。

 

日本はそんな、他人を信用しないで生きる世界の常識世界を作る事は日本が日本でなくなるでしょう。

 

我利我利亡者の修羅の世界が、地球上の世界の様です。

ルータ代金は結局2重払いしなければなりませんでした。

< 南十字星の下(本)1111の記事の続きはココから >
< 南十字星の下(本)1111の記事はココまで >
| カテゴリ : 海外情報 | 2017.11.07 Tuesday 06:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME海外情報 > 南十字星の下(本)1110 ]

南十字星の下(本)1110

< 南十字星の下(本)1110の記事はココから >
南十字星の下(本)1110
JUGEMテーマ:旅行



現在、2015年2月13日のマレーシアは、ISISの親派がマレーシア
には結構いるようで、軍隊に参加している若い人もよく聞く話です。


マレーシア政府は、ISISを認めていませんが其れによって最近
政府のホームページがハッキングされたり、マレーシア航空の
ホームページが改ざんされる事件が起こっています。


今日の新聞でマレーシア国防大臣がISISの国内テロリストがいる事を
発表していましたが、その内テロが起こるかもしれません。


アジアのイスラム教は、マレーシアとインドネシアが代表ですが
どうも最近のモスリムは、テロばかりしていて治安の悪化が
起こっているのがイスラム教国になってしまっています。


イスラム教は、決してテロを教義にしていないので間違ったモスリムが
増え続けているようです。


こんな事があと20−30年も続くとイスラム教国は全て
最貧国に落ちてしまうのではないでしょうか。


平和であって初めて経済が発展して皆が豊かな生活を送る事が
出来るのですが。
< 南十字星の下(本)1110の記事の続きはココから >
< 南十字星の下(本)1110の記事はココまで >
| カテゴリ : 海外情報 | 2015.02.13 Friday 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME海外情報 > 南十字星の下(本)1109 ]

南十字星の下(本)1109

< 南十字星の下(本)1109の記事はココから >
南十字星の下(本)1109


再度のマレーシア航空機の不明


7月17日マレーシア航空17便(アムステルダムークアラ、ルンプール)
がウクライナ上空でミサイルによって撃墜されたそうです。

乗員、乗客全員が死亡して生存者は零の悲惨な事件となりました。


最近、ウクライナでは政府軍の輸送機がミサイルに撃墜された
事件がありましたが、これはウクライナの反政府勢力が
ロシアからミサイルを貰って撃った様です。


軍の輸送機はこうど3000m位を飛んでいたので撃ち落とす事が
可能でしたが、旅客機は1万メートルなので、このミサイルで
撃墜する事は難しいようで、ロシアから高性能なミサイルを
供与されている可能性もあります。


もう1つ感じられる原因は、MH17便の飛行経路とほとんど同じルート
を27分後にプーチン大統領の専用機が通過したことです。

そうなると、ロシア側からミサイルが発射された事もあるのかもしれません。

なんとも殺伐とした世界になってきています。
< 南十字星の下(本)1109の記事の続きはココから >
< 南十字星の下(本)1109の記事はココまで >
| カテゴリ : 海外情報 | 2014.07.18 Friday 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME海外情報 > 南十字星の下(本)1108 ]

南十字星の下(本)1108

< 南十字星の下(本)1108の記事はココから >
南十字星の下(本)1108



マレーシアの気長な実験



妻の実家の庭に、自然にパパイヤの木が育ち実がなったので
食べてみましたが、甘みが有り水分も豊富で実に美味しいパパイアでした。


この木は、野鳥がどこかでパパイアを食べて、その種が鳥の糞と一緒に
庭に落ちて、育ったパパイアだそうで正に自然の力で育ったパパイアで
人間の手は一切かけられていません。


それにも拘らず、美味しいので正に天の恵みです。


自宅でも、この実の種を庭にまいたら芽が出てきました。


南国とは誠にありがたいものです。


何の苦労もなしに、美味しい果実が時間とともに手に入るのですから
人は、あく関市無くなるのも道理です。


パパイアの木は、実がなる終わるとバッタリ倒れてそれで一生を終る
様ですが、その点では日本人に似ているのかもしれません。


バナナも同じ様に、果実を取り去ると木の芯が抜けたように
崩れ落ちるので、日本にはない不思議な感じの木達です。
< 南十字星の下(本)1108の記事の続きはココから >
< 南十字星の下(本)1108の記事はココまで >
| カテゴリ : 海外情報 | 2014.04.17 Thursday 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME海外情報 > 南十字星の下(本)1107 ]

南十字星の下(本)1107

< 南十字星の下(本)1107の記事はココから >
南十字星の下(本)1107


MH370便の行方

25カ国の国際捜索にもかかわらずいまだに見つかっていませんが、インド洋でフランスの衛星が大きな
漂流物を発見したと報道されていました。

現在、インド洋を各国が捜索していますが、決め手は見つからない様です。

マレーシアでは有名な祈祷師に政府の役人が頼んで占ってもらったり、自分の名を売りたい為に、名も無い祈祷師が
空港で祈祷したりしていますが、どうも決め手は無い様です。

機長の家宅捜索も行われましたが、解明は出来ない様です。

この機長は、先日日本入国を拒否されたアンワルの熱烈な支持者だった事は新聞に出ていました。
 
< 南十字星の下(本)1107の記事の続きはココから >
< 南十字星の下(本)1107の記事はココまで >
| カテゴリ : 海外情報 | 2014.03.24 Monday 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) |

最新トラックバック
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載