南十字星の下(本)
アセアン、中国で二十年以上働いているkaznak
が出会った事件、思った事を綴りました。理解の一助になれば幸いです。

南十字星の下(本)

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2017.12.02 Saturday | - | - |
[ HOME海外情報 > 南十字星の下(本)1112 ]

南十字星の下(本)1112

< 南十字星の下(本)1112の記事はココから >

南十字星の下(本)1112

 

マレーシアの女性

 

マレーシアの女性は、肥満が多い。

それも洋ナシそっくりの形で、足と腰が太り過ぎている。

 

地図を見るとマレーシアは日本に比べて引力が強い訳ではない。

 

それなのに、洋ナシはどうしてなのだろう。

 

つぶさに見ていると、マレーシア人は歩かない。

車を駐車する時も、出来るだけ入り口の近く、歩く距離の少ない様に止める。

 

ちょっと歩く様な時は、別の日にしている。

 

これでは、足を使わないので足が太るのは当然と思える。

 

当然、中年以降は、足が痛い、膝が痛い、股関節が痛いと下半身の痛みを

訴える人が多数を占める。

 

それでも、歩く事をしない。

 

最近は、休日にサイクリングをする事を多く見掛けるようになった。

これでやっと、洋ナシから開放されるのだろうか?

< 南十字星の下(本)1112の記事の続きはココから >
< 南十字星の下(本)1112の記事はココまで >
| カテゴリ : 海外情報 | 2017.12.02 Saturday 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME海外情報 > 南十字星の下(本)1111 ]

南十字星の下(本)1111

< 南十字星の下(本)1111の記事はココから >

南十字星の下(本)1111

マレーシアの世界は人間不信の世界

マレーシアでは誰一人他人を信用しない世界です。

 

先日、落雷が有りルータが雷で燃えてしまったので電話局を呼んだのですが、来た職員がルータを交換すると言って

新しいルータを設置しました。

工事が終わり、ルータの代金を徴収しましたが、マレーシアではルータの代金は直接ではなく局に電話代金と同じ様に

払わなければならなかった様です。

 

日本では考えられない事ですが、マレーシアではこれが事実です。

 

自社の社員さえ信用していない世界が世界の常識です。

 

こんな世界で生きている人間は他人を信用できるわけが有りません。

 

可哀そうな人達です。

それでも日本の様に他人を信用する世界がどんなにすばらしい世界化は知ってはいるのでしょう。

 

日本はそんな、他人を信用しないで生きる世界の常識世界を作る事は日本が日本でなくなるでしょう。

 

我利我利亡者の修羅の世界が、地球上の世界の様です。

ルータ代金は結局2重払いしなければなりませんでした。

< 南十字星の下(本)1111の記事の続きはココから >
< 南十字星の下(本)1111の記事はココまで >
| カテゴリ : 海外情報 | 2017.11.07 Tuesday 06:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

最新トラックバック
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載