南十字星の下(本)
アセアン、中国で二十年以上働いているkaznak
が出会った事件、思った事を綴りました。理解の一助になれば幸いです。

南十字星の下(本)

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2015.02.13 Friday | - | - |
[ HOME暮らし > 開発途上国の罠 ]

開発途上国の罠

< 開発途上国の罠の記事はココから >
 開発途上国の罠
JUGEMテーマ:地域/ローカル

発展途上にある国のサラリーマンの給料が思ったほど上昇しないのが、日本人には
不思議でなりませんが、日本は島国で他国から入国する為には容易でない事が
原因で、同国人だけを雇わなければ会社が成り立たない為に給料が上がり、その給料を
払える様に付加価値を生み出していたのでしょうね。


途上国では、そこが出来ない為と、すぐ隣国の人間が働きに来て
給料を上げなくてもせ会社は外国人を雇う事で運営出来てしまう為の様です。


それと、付加価値をつける事は現在は難しくなっている事も原因の様です。


発展途上国では、実用的で丈夫な製品なら十分付加価値は有ると思うのですが
その辺は、現地に居ると見栄の問題も有り単純ではない様です。


中国人の感覚では、高い物は丈夫で長持ちすると感じている様で
その為に不必要に高級な素材を使い、原価も高くなります。


そうでなく、必要最小限な所に高級素材を使いその他はほとんど安価な
素材を使いコストを抑えて、安価で丈夫で長持ちの製品を作ってもらいたい
ものです。


そうすれば大量生産で、儲けもでるのではないかと考えます。
< 開発途上国の罠の記事の続きはココから >
< 開発途上国の罠の記事はココまで >
| カテゴリ : 暮らし | 2013.10.07 Monday 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2015.02.13 Friday | - | - |
<< 南十字星の下(本)1099 | HOME | 南十字星の下1099A >>
コメント
コメントする










最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載