南十字星の下(本)
アセアン、中国で二十年以上働いているkaznak
が出会った事件、思った事を綴りました。理解の一助になれば幸いです。

南十字星の下(本)

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME海外情報 > 南十字星の下(本)1108 ]

南十字星の下(本)1108

< 南十字星の下(本)1108の記事はココから >
南十字星の下(本)1108



マレーシアの気長な実験



妻の実家の庭に、自然にパパイヤの木が育ち実がなったので
食べてみましたが、甘みが有り水分も豊富で実に美味しいパパイアでした。


この木は、野鳥がどこかでパパイアを食べて、その種が鳥の糞と一緒に
庭に落ちて、育ったパパイアだそうで正に自然の力で育ったパパイアで
人間の手は一切かけられていません。


それにも拘らず、美味しいので正に天の恵みです。


自宅でも、この実の種を庭にまいたら芽が出てきました。


南国とは誠にありがたいものです。


何の苦労もなしに、美味しい果実が時間とともに手に入るのですから
人は、あく関市無くなるのも道理です。


パパイアの木は、実がなる終わるとバッタリ倒れてそれで一生を終る
様ですが、その点では日本人に似ているのかもしれません。


バナナも同じ様に、果実を取り去ると木の芯が抜けたように
崩れ落ちるので、日本にはない不思議な感じの木達です。
< 南十字星の下(本)1108の記事の続きはココから >
< 南十字星の下(本)1108の記事はココまで >
| カテゴリ : 海外情報 | 2014.04.17 Thursday 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2017.11.07 Tuesday | - | - |
<< 南十字星の下(本)1107 | HOME | 南十字星の下(本)1109 >>
コメント
コメントする










最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載