南十字星の下(本)
アセアン、中国で二十年以上働いているkaznak
が出会った事件、思った事を綴りました。理解の一助になれば幸いです。

南十字星の下(本)

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2017.12.02 Saturday | - | - |
[ HOME海外情報 > 南十字星の下(本)1107 ]

南十字星の下(本)1107

< 南十字星の下(本)1107の記事はココから >
南十字星の下(本)1107


MH370便の行方

25カ国の国際捜索にもかかわらずいまだに見つかっていませんが、インド洋でフランスの衛星が大きな
漂流物を発見したと報道されていました。

現在、インド洋を各国が捜索していますが、決め手は見つからない様です。

マレーシアでは有名な祈祷師に政府の役人が頼んで占ってもらったり、自分の名を売りたい為に、名も無い祈祷師が
空港で祈祷したりしていますが、どうも決め手は無い様です。

機長の家宅捜索も行われましたが、解明は出来ない様です。

この機長は、先日日本入国を拒否されたアンワルの熱烈な支持者だった事は新聞に出ていました。
 
< 南十字星の下(本)1107の記事の続きはココから >
< 南十字星の下(本)1107の記事はココまで >
| カテゴリ : 海外情報 | 2014.03.24 Monday 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME社会情勢 > 南十字星の下(本)1106 ]

南十字星の下(本)1106

< 南十字星の下(本)1106の記事はココから >
南十字星の下(本)1106



マレーシア航空機の突然の消失


3月8日、早朝にクワラルンプール空港を飛び立ったマレーシア航空機が
北京に行く間の航路で突然消失した。


テロの可能性もあり、調査している様ですが、イタリー人とオーストリー人
の2人は、この航空機に搭乗していなかった(確認済み)。


2人のパスポートは、タイで盗まれていて、何者かが使用して
マレーシア機に搭乗した模様です。


このことから、突然の機影消失は、爆破テロの可能性もあるとの事で
現在、調査されているそうです。


搭乗者大半が、マレーシアで開かれた仏教会議に出席の中国人で

若い人が多いそうです。
< 南十字星の下(本)1106の記事の続きはココから >
< 南十字星の下(本)1106の記事はココまで >
| カテゴリ : 社会情勢 | 2014.03.09 Sunday 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME海外 生活 > 南十字星の下(本)1105 ]

南十字星の下(本)1105

< 南十字星の下(本)1105の記事はココから >
南十字星の下(本)1105



マレーシアの気候


チャイニーズニューイヤー前後のマレーシアの気候は
乾燥期になり、ここ1カ月は、全く雨が降りません。


大地は乾ききり、植物は古い葉を落とし新しい葉が出て来るのですが
一雨降れば新芽が芽生えます。


この時期が一番熱く、日中は如何してもエアコンをかけたくなります。


暑くて、仕事に集中出来難いのも問題で、予定はどうしても遅れがちです。


南方が科学技術に遅れたのもこの気候のせいなのでしょう。


頭のねじが緩んで、ゼンマイが伸びきった様です。


それでも、時間はゆっくり流れて行きます。
< 南十字星の下(本)1105の記事の続きはココから >
< 南十字星の下(本)1105の記事はココまで >
| カテゴリ : 海外 生活 | 2014.02.19 Wednesday 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME社会情勢 > 南十字星の下(本)1104 ]

南十字星の下(本)1104

< 南十字星の下(本)1104の記事はココから >
南十字星の下(本)1104



福建ニューイヤー


マレーシアでは新年が4度あります。


3度は各民族の其々の正月で、残り1度は華人の福建人だけの
新年です。


マレーシアの福建人の間では、中国正月(旧正月)の9日目が
正月になり、夜の12時をまわると、どこでも爆竹や花火を上げれ
祝います。


つまり多くのマレーシア華人は、正月元旦が2度ある事になります。


どうして正月9日に新年なのかと言えば、諸説が有る様ではっきりしていないのですが、正月に有る事で怒った皇帝が福建人を皆殺しにしろと命令を
出し、福建人がサトウキビ畑に逃げ込み、難を逃れたと言う説を
聞いた事が有ります。


今も昔も中国は、王様と奴隷以外いない国の様です。


現代でも、目に見えない形で同じ様な事が起こるのが
中国なのかもしれません。
< 南十字星の下(本)1104の記事の続きはココから >
< 南十字星の下(本)1104の記事はココまで >
| カテゴリ : 社会情勢 | 2014.02.08 Saturday 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME海外情報 > 南十字星の下(本)1103 ]

南十字星の下(本)1103

< 南十字星の下(本)1103の記事はココから >
南十字星の下(本)1103


マレーシアの師走

マレーシアの師走は、なにも無い。

マレー人達の正月は、1月元旦ですが誰も祝う事は無く、インド人達は
同じ様に関係なく、華人達は旧正月を祝うので、これまた全く
関係無いので、ごく普通の日が続きます。

当然、正月の休みは1月元旦のみの1日だけの休日です。

私の所は、今年は竹を切り門松を作る予定ですが間に合いますかどうか
不明です。


妻の父親が手伝ってくれましたがそれでも、しめ縄をどう作るか思案中です。

マレーシアは時間がゆっくり流れていますので、そのうち何とかなるでしょう。
< 南十字星の下(本)1103の記事の続きはココから >
< 南十字星の下(本)1103の記事はココまで >
| カテゴリ : 海外情報 | 2013.12.28 Saturday 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

最新トラックバック
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載